新発売!Raspberry Pi 2 Model B を紹介!

Edisonの記事はまだまだ続きますが、今回はRaspberry Pi 2 Model Bを紹介します。

 

Raspberry Pi紹介

種類


 Raspberry Piはイギリスのラズベリーパイ財団が開発しているシングルボードコンピュータです。主に学校でのコンピュータ教育を目的にしているため、教材として扱いやすいように小さく、安価なのが特徴です。

 2015年3月の時点で、5つのモデルが発売されており大きく分類すると、

 第1世代

  • 標準モデル(Model B、B+)
  • 廉価版モデル(Model A、A+)

 第2世代

  • 標準モデル(Model B)

となっています。

最も安価なModel A+は、日本の代理店(RSコンポーネンツ)から2620円(送料別)で入手することができます。

(ちなみに、Edisonは10,000円前後するので、Edisonに比べるととても安いです!)

TONGARISMでは、最新版である第2世代の標準モデル Raspberry Pi 2 Model B (以降Raspberry Pi 2)を紹介していきます。

 

対応OS


 公式サイトで配布されているOSは6種類ありますが、第2世代のRaspberry Pi 2に対応しているのは下記の3種類だけになります。

  • RASPBIAN(Debianベース)
  • SNAPPY UBUNTU CORE(Ubuntuベース)
  • RISC OS(ARMに特化した非Linux OS)

 今回は、この中でも一番普及しているRASPBIANを使っていきます。

 

外観

パッケージとRaspberry Pi 2


Package and Raspberry Pi 2

パッケージとRaspberry Pi 2を並べてみました。

カラフルなパッケージと基板上のラズベリーのロゴマークがおしゃれです。 

 

パワーアップを実感する

  第1世代のモデルに比べて、どのくらいパワーアップしているのか、Raspberry Pi B+とRaspberry Pi 2の処理速度を比べてみました。

 

比べ方


 Raspberry PiはマイクロSDカードから起動します。第1世代と第2世代では使われているCPUが違いますが、RASPBIANはどちらのCPUでも起動できるような仕組みになっているため、一枚のマイクロSDカードを使って、それぞれの以下の処理にかかる時間を計りました。

  •  電源オン(マイクロUSBケーブル挿入)から login のプロンプトが表示されるまで
  • startxコマンドを実行してから、GUIが表示されるまで

 

結果


動作速度計測の様子を撮影してみました。

loginプロンプト表示、GUI表示のどちらもRaspberry Pi 2のほうが、ほぼ2倍の速さという驚きの結果になりました。

CPUのクロック数だけを見ると、Raspberry Pi B+の700MHzに対して、Raspberry Pi 2は900MHzと、そこまで大きな差はないのですが、CPUアーキテクチャの違い(ARMv6とARM Cortex-A7)やCPUコア数の違い(1コアと4コア)が効いているようです。

 Raspberry Pi 2Raspberry Pi B+倍率
電源オンから
login表示まで
15.8秒30.0秒1.9倍速
startx実行から
GUI画面表示まで
5.5秒11.2秒2.0倍速

 

次回は…

RASPBIANに搭載されているアプリケーションを使ってRapsberry Piの魅力を実感してみたいと思います!!

Raspberry Pi 2

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。