音声解析特別編!ベルトさんアナライザー

今回は特別編として、TONGARISMで作成した、全てのパターンを送信可能なマスターシフトブレス、名づけてベルトさんアナライザー」をご紹介します。ベルトさんアナライザーは小型のため、モバイルバッテリーと接続することで、どこでも持ち出して使用することができます!

ベルトさんアナライザー

使用機器

使用機器


第6回-部品

  • SainSmart MEGA2560 互換ボード

Arduino UnoのメモリやI/Oを増量したArduino MEGA 2560の互換ボードです。

  • SainSmart 1602 LCD

青発光白文字のLCDモジュールです。6つのプッシュボタンがセットになっています。Arduino UNO / R3 / MEGA2560 / MEGA1280と互換性があります。

 

機器の構成


合体!

この画像のように、MEGA2560互換ボードとLCDボード、赤外線LEDを接続します。

赤外線LEDは53番ピンを使用しています。

 

ベルトさんアナライザー

動作仕様


  • 赤外線パターンの選択

パターン種別( 0 / 1 )とシフトカーパターン( 0 ~ 511 )を入力できるよう、パターン種別0をマイナス値、1をプラス値とし、シフトカーパターンと組み合わせて-511~511の数値で送信したい赤外線パターンを選択できるようにしました。

  • キー入力

プログラム可能なボタンがResetを除く5つしかないため、各ボタンの役割を以下のように設定しました。

キー名役割
LEFT_KEY数値-10
RIGHT_KEY数値+10
UP_KEY数値+1
DOWN_KEY数値-1
SELECT_KEY現在の設定値で赤外線送信

  • LCD表示

LCDには設定中の赤外線パターンの数値を表示できるようにしました。

コード入力プラスコード入力マイナス

 

プログラム


※作成したプログラムを全て掲載してしまうと、モノさえ揃えれば誰でも簡単に再現できてしまうため、一部のみの公開とさせていただきます。

キー入力については、こちらからダウンロードできるサンプルプログラム「keypad_1602for_1.0」をベースに作成しています。

赤外線送信については、周波数38kHzで送信するため、以下の関数を作成しています。8μs間ON, 7μs間OFFを指定μsの間繰り返すことで、ベルト側で受信可能な38kHzの波形を作り出しています。

 

実演


実際にベルトさんアナライザーを使って送信してみました。

 

あとがき

仮面ライダードライブ変身ベルト DXドライブドライバーの音声解析はいかがでしたでしょうか?

TONGARISMでは、おもちゃに限らず今後も興味を持ったテーマに対し取り組んだ内容を紹介していきます!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。