タイプデッドヒートを先取り!その次はタイプフォーミュラー!?

 

これまでの、Arduinoを使い赤外線パターンを解析した結果Raspberry Piを使い赤外線を送信する方法を応用し、未発売おもちゃの音声を鳴らします。 

 

音声とパターンまとめ

TONGARISMのYouTubeチャンネル「TONGARISM-CHANNEL」では、未発売おもちゃの音声を複数公開していますが、これらの音声はRaspberry Piを使い鳴らしました。

公開している音声とパターンの一部をまとめると次のようになります。

名称10進数
スピード、ワイルド、テクニック繰り返し202
シフトカー6台連続鳴動その1204
シフトカー6台連続鳴動その2205
シフトカー6台連続鳴動その3206

 

タイプデッドヒート/タイプフォーミュラー

今回は、TONGARISMで確認した音声の中から5つをピックアップしました。

1つ目は、2015年2月1(日)の放送で登場したタイプデッドヒートです。明日、2015年2月7(土)発売開始となるDXシフトデッドヒートセットのシフトデッドヒートで鳴らすことができます。

2つ目以降では、今後登場が期待されるタイプフォーミュラーと関連するシフトカーの音声を鳴らすことができました!

名称パターン種別10進数
タイプデッドヒート0273
タイプフォーミュラー121
F01(フォーミュラー01)191
F02(フォーミュラー02)193
F03(フォーミュラー03)195

※タイプデッドヒートは、Arduinoを使い赤外線パターンを解析する方法で紹介した波形の、パターン種別を0にし273というシフトカーパターンを送信しました。

 

次回は…

今回は確認したパターンの中から一部のみ紹介しましたが、次回は全てのパターンを公開します!

しんひっさーつ?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。