Minecraft Pi Editionで遊びながらプログラミングの勉強!

今回はRaspberry Pi 2 Model B(RASPBIAN)で、プログラミング言語Pythonを使って「Minecraft Pi Edition」の世界をプログラミングします。

Minecraft Pi Editionとは

 

Raspberry Pi専用のMinecraft


 小学生の間でも流行っているというMinecraft。

YouTubeにも大量にプレイ動画がアップロードされており、TVのおはスタでもMinecraftコーナーがあるそうです。

 ゲームの内容は、立方体ブロックで構成された世界で、プレイヤーがブロックを壊したり、配置したり、集めたブロックを組み合わせて道具を作り出したりしながら、箱庭世界での生活を楽しむものです。

 以前紹介したMathematicaと同じく、Minecraftも有償のソフトウェアですが、Raspberry Pi向けに専用の無償版としてMinecraft Pi Edition(以下、Minecraft Pi)が提供されています。

 

通常版とMinecraft Piの違い


 Minecraft Piは、クリエイティブモードでのみ遊ぶことができます。

 パソコンやゲーム機用のMinecraftにあるようなサバイバルモードのような他のモードで遊ぶことはできません。

 遊べるモードは一つだけですが、Minecraft Piだけの最大の特徴がプログラムとの連動です。

 Raspberry Piに初めから入っているプログラミング言語Pythonを使うことで、Minecraft Piの世界をコントロールすることができるんです!

さっそく試してみる 

まずは文字の表示


 プログラミングの第一歩はいつもHello Worldから、ということでMinecraft Piの世界に挨拶してみましょう。

 まずは、Minecraft Piを起動し、Start GameからCreate newを選んで、新しい世界に入ります。

 このときマウスを動かすとゲームの中の視線が移動しますが、キーボードのTABキーを押すことで、マウスカーソルが動かせるようになるので、MenuのProgrammingからPython 2を起動します。

 Python Shellの画面が表示されるので、以下のプログラムを入力すると・・・

Hello World表示

 minecraft_helloworld

 見事「Hello World」が表示されました。

 

すこし複雑なプログラムを作ってみる


 まずは簡単なメッセージ表示に成功したので、今度はすこし複雑なプログラムに挑戦します。

 今回試すのは、以下の3つです。

  • 地形のブロックを削除して平面を作る
  • プレイヤーの位置を検知する
  • ブロックを使って文字を書く

 Minecraft Piの世界には、山や谷の地形があるので、まず平地を作るために地形ブロックを削除します。

平地作成

 

 次にプレイヤーの位置を検知してみます。

プレイヤーの位置検知

 

最後に、平地作成とプレイヤーの位置検知を組み合わせて、平地上でプレイヤーが特定の位置に立つと、ブロックで文字を組み上げるというプログラムを作ってみます。

ダイヤのブロックの場所に立つと、ダイヤのブロックで文字を組み上げる

 minecraft_mojiMinecraft Piの世界に巨大なダイヤモンド文字が出現!

なにが書いてあるか読めるかな?答えはムービーでチェック!

ムービーで紹介!

 今回作ったプログラムを動かした様子をムービーで紹介します。

 

 

次回は…

 Raspberry Piをパワーアップ?!Raspberry Piに周辺機器をつなげてみます!

DSDSC_0246

3 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。